MENU

びまん性脱毛症の原因と対処法

髪のボリュームが低下していきた、地肌が目立つ、コシが無くなってきた、髪が細くなった、これらに当てはまるようならびまん性脱毛症かもしれません。びまん性脱毛症は一部が薄くなるのではなく、髪全体が薄くなる症状です。AGAの女性版でFAGAともいわれます。

 

びまん性脱毛症の原因は女性ホルモンの減少がかかわっています。

 

AGAは男性ホルモンのテストステロンが関係している脱毛で、テストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換されたDHTが原因で起こります。女性ホルモンには髪の成長期を長くしたり髪を育てる働きがあるので女性は症状が現れにくいのですが、女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位にたってきて脱毛症が表れるようになります。

 

びまん性脱毛症の改善には女性ホルモンを整えることが効果的です。

 

大豆にはイソフラボンというエストロゲン様物質が含まれていて、女性ホルモンの働きを助けてくれます。女性ホルモンが増えることで男性ホルモンの影響が表れにくくなり、FAGAの改善が期待できます。日本にはさまざまな大豆製品があるのでうまく活用してください。サプリメントで摂ることもできますが、1日の摂取量を守って過剰摂取に気をつけましょう。