MENU

女性なのに男性型脱毛症って?

成人男性の抜け毛の原因として有名なのは、AGAと呼ばれる男性型脱毛症ですよね。

 

男性ホルモンの影響による脱毛症なので、女性には関係ないと思ってしまいがちですが、実は女性でもAGAが起こってしまうんですよ。原因はこちらも男性ホルモンの影響によるものですが、男性のAGAとは症状が異なってくるため、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。

 

女性なのに男性型とは不思議な気がしますか?

 

男性ホルモンは何も男性にだけ存在するものではなく、通常は女性ホルモンの方が多く、優位に働いているため、あまり男性ホルモンの影響を受けないというだけで、ごく普通に女性の体内にも存在するホルモンなんですよ。

 

男性ホルモンには体毛を濃くしたり、抜け毛を引き起こす作用がありますが、女性ホルモンは髪を育てる作用があります。

 

過度なストレスやダイエット、加齢などの影響で、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、女性の体も男性ホルモンの影響を受け、皮脂の過剰分泌や抜け毛などの症状が出てしまいます。

 

AGAは進行性のため、放置していると確実に薄毛は進行していきますが、FAGAの場合は髪が細くなり、全体的に薄くなりはするものの進行は遅く、完全にハゲてしまう危険性は薄いと言われています。

 

何らかの理由で女性ホルモンの分泌量が減ったとしても、完全にゼロになってしまう訳ではないので、ある程度の髪の量は守られるという事なんですね。
でも、髪が薄いと見た目年齢が上がってしまいますし、薄毛は歓迎したいものではありませんよね。

 

ストレスの軽減やリラックスをして自律神経の乱れを正し、ホルモンバランスを整え、髪の育成に欠かせないタンパク質、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE、亜鉛を意識的に摂取し、成長ホルモンの分泌量の増える睡眠時間を十分に確保するように心がけましょう。

 

それでも改善されない場合は、医療機関で育毛改善内服薬のパントガールを処方してもらうか、ホルモン療法を受けるというのも良いかも知れませんね。