MENU

健康な髪のためには頭皮環境を整えることが大切です。特にシャンプーは毎日繰り返すことなので、頭皮環境に大きな影響を与えます。正しい洗い方を知って頭皮環境を守ることで抜け毛や薄毛を予防できます。

 

髪を濡らしていきなりシャンプーをつけてはいけません。シャンプーをつける前にはクシでとかしてからお湯で予洗いします。クシでとかしてホコリとほつれをとります。軽い汚れならお湯で落とすことができ、お湯で予洗いしておくことでシャンプーの洗浄力を高めることができます。

 

次にシャンプーを手にとって髪と頭皮を洗っていきます。洗う方向は下から上が基本です。髪の生え際もきれいに洗いましょう。爪を立ててゴシゴシ洗うと頭皮を傷めて乾燥や抜け毛を招くので、こすらないようにします。指の腹でなでるように優しく洗いましょう。頭皮は顔の皮膚と一枚でつながっているので、顔を洗うイメージで優しくしてください。

 

すすぎのお湯が熱すぎると頭皮を傷めるのでぬるま湯を使用します。髪の生え際はすすぎ残ししやすいので丁寧に洗い流しましょう。

 

シャンプーの頻度は1日1回です。洗い過ぎは頭皮の潤いを落としてしまい乾燥を招き、乾燥が原因で皮脂分泌が活発になったりふけが出るようになります。夜に1回洗うのがよいでしょう。